SiteMap

マンション大規模修繕工事で資産価値を高めるコツ

外壁の修繕

保有している物件の資産価値を高めたいということが、賃貸マンションの所有者と分譲マンションの居住者に共通している考え方です。そのためにはマンション大規模修繕工事を計画的に専門業者へ依頼することが重要であり、施工内容を決めるためには事前に点検を依頼することが大切です。すでに何回も大規模修繕を行ってきたマンションであれば、築30年を超えている場合でも建物の状態は極めて良好です。しかし完成してから20年以上放置状態の建物では、外壁のタイルのひび割れや落下などの深刻な問題に見舞われているケースもあります。けれども業者の助言に従ってマンション大規模修繕工事を実施すると、将来にわたって建物の資産価値を維持することが十分に可能です。一方でマンション大規模修繕工事を発注するときには、業者選びで迷うことも多いです。特に多くの居住者の利害調整が必要な分譲マンションでは、業者を選んで工事計画を決めるまでの所要時間が非常に長くなります。しかしコンサルタントを活用して工事の方針を決めると、スムーズに着工できるようになります。また賃貸マンション一棟を売却する前に修繕工事を行うと、買い手探しを非常に迅速に行うことができます。

Pick Up

はがれたレンガ

投資用物件のマンション大規模修繕工事のポイント

投資としてマンションを購入しているオーナーは、家賃収入の確保と将来的な売却という2つの戦略を考えています。またどのような戦略を選んでも、資産価値を維持する…

MORE ▶