SiteMap

安全性に関わるマンション大規模修繕工事の重要性

保護シートをかけられたマンション

マンションも年々劣化していきますから安全性や快適性を保つためにも、マンション大規模修繕工事が必要になります。5年から10年ほどを目処にして、マンション大規模修繕工事を行うのが適切です。どんなに丈夫な建物でも、雨風にさらされているうちに建物が劣化してしまいます。中でも、紫外線は強力なダメージを与えやすく、塗装や加工などのダメージが進みやすくなります。

ちょっとしたひび割れや加工のはがれで、建物全体の安全性まで脅かされてしまいます。ちょっとした傷から雨が入り込んでしまい、マンションの鉄筋を腐食させる可能性もあります。大したダメージではなくても、居住者の安全に影響が出てしまったり不運な事故につながる可能性もあります。そんなリスクを避けるためにも、やはりマンション大規模修繕工事を定期的に行うのがおすすめです。専門業者へ依頼すれば、点検してくれて工事が必要な箇所をしっかり割り出してくれます。

様々な業者がありますから、予算や建物のダメージなどに合わせて選ぶのがおすすめです。早め早めに修繕工事を施すことで、将来の大ダメージを抑えられます。定期的なメンテナンスや工事で建物の劣化が進みにくくなりますから、トータルで見ると修繕費を安く抑えることにもなります。

マンション大規模修繕工事に関すること

マンションの安全面や資産価値を保つために行う必要があるマンション大規模修繕工事の時期は決められておらず、立地条件や管理状態、そのほか劣化の進み具合などで行う時期は変わってきますので建物の状態を常に把握しておき、大規模な工事を開始する時期を決めるようにしましょう。一般的にマンション大規模修繕工事は築12年をめどに行われることが多く、回数を重ねるごとに工事費用がかかるのが特徴的です。これからマンション大規模修繕工事を行う予定がある場合は、専門業者へ依頼しましょう。もし、大規模修繕工事が初めてなどで不明な点があるならば、専門業者に問い合わせをされてみてはいかがでしょうか。安心して工事を最後まで任せられるような良い専門業者を選ぶには、過去の実績や主要業務を行う担当者が一級建築士などの資格を持っているかなども確認された方が良いでしょう。また、大規模な修繕工事をする前には建物の劣化している箇所や異常がないか点検する調査が行われます。この調査は、建物の安全やマンションの住人が快適に生活するために必要となるほか、しっかりと調査を行うことによりそのあとに行われる大規模な修繕工事をスムーズに進めることができます。

賃貸経営者がマンション大規模修繕工事を発注するタイミングとは

資金が十分に調達できない賃貸経営者は、コンクリートが剥落し始めてからマンション大規模修繕工事を発注しています。しかし建物の劣化が深刻化した段階では遅すぎるので、外観が美しくても12年に1回の割合で専門業者へ依頼するべきです。修理箇所が少ないほうが費用は抑えられるので、こまめにマンション大規模修繕工事を発注するメリットは大きいです。しかし経験が浅い賃貸経営者が初めて工事を発注するときには、業者選びの段階で迷うことが多いです。信頼できる業者が見つからないことが大きな理由であり、中立的な立場で助言をしてくれるコンサルタントを利用するオーナーもいます。また知名度のある大手の業者に建物点検を依頼したうえで、マンション大規模修繕工事を発注する方法もあります。マンションの建設や管理なども手掛ける業者であれば、オーナーの気持ちを考えながら最適な施工プランを提案してくれます。一方で定期的に大規模修繕を行っている場合でも、築30年を超えると設備の劣化が著しく進みます。エレベーターの更新や配管の大規模なリニューアルを実施することが、建物の長寿命化を実現するコツです。耐震工事なども手掛ける業者に相談すると、古い建物に特有の問題もスムーズに解決することができます。

Pick Up

はがれたレンガ

投資用物件のマンション大規模修繕工事のポイント

投資としてマンションを購入しているオーナーは、家賃収入の確保と将来的な売却という2つの戦略を考えています。またどのような戦略を選んでも、資産価値を維持する…

MORE ▶